へしことは

へしことは

へしこはサバやイワシを塩漬けにして糠(ぬか)に漬けたものです。
いわゆる「ぬか漬け」となります。


野菜のキュウリやナスをぬか漬けにするのと同じで
魚のつけ物ということになります。



主に若狭湾周辺でこのへしこ文化は発展しており
寒い時期に漬け込んでおいて夏場に食べるのが普通でしたが
今では年中楽しむことができます。


元々夏場の食欲の落ちる時期にこのへしこを食べて
暑さを乗り切るというのがこの地方の食べ方でした。





夏場は汗をかき塩分が不足しがちです。
暑さのために食欲がなくなり体力も落ちます。
そんな時にこのへしこでお茶漬けなんてものであったら


流し込みやすく 塩分も十分に補給できます。
そんな食べ方で食べられていましたが
今ではグルメとして人気です。



普通はぬかが付いたまま焼いて食べます。
最近ではぬかを落として焼かずに薄作りにして酒の肴なんて食べ方も流行っています。



ぬか漬けであるためにやはりくせがあり
これは好き嫌いを招きます。
好きな人はめちゃ大好きですが
ぬか系が嫌いな方には不人気です。













 伊根へしこ通販

タグ:へしことは

スポンサードリンク

おすすめへしこ


伊根関連グッズ


検索
 
最近のコメント
タグクラウド
商品紹介
QLOOKアクセス解析